コンテンツ本文へスキップ
スマートフォンサイトはこちら

ほたるの郷

コンテンツタイトル下地

はじめに

ただかね農園の近くにはホタルが発生する小川が流れています。

当農園周辺に発生しているホタル達は自然発生したものではありません。 こんなに、のどかで自然がたくさんある秩父でさえも一度はホタルが激減してしまったのです。

でもほたるの郷の会の会員の皆さんのボランティア活動によってどうにかホタルが生きていける環境が整い、やっとホタルがこの地区にも帰って来てくれました。

ほたる観賞

初夏の夜を飛び交う小さくて不思議な光を放つホタルがただかねの農園近くの小川で観賞できるんです。

皆さんはホタルを見た事がありますか? 私は初めてホタルが夜空を飛んでいる姿を見た時はすごい感動をしたのを今でも覚えています。最近では観賞する側ではなく保全する側えと立場は少しだけ変わりましたがでも、だからこそ、また違った感動を毎年味わえるようになりました。

期間
6月中旬~7月上旬 自然環境により前後あり
時間帯
19時30分~21時ノ間にゲンジ蛍のピークあり
気象条件
期間中はほぼ毎日観賞できますが、なかでも20度以上のなま暖かく感じる日で曇っていて風のない日は蛍が多く飛びます。
逆に降雨、強風、寒い日は少なめです。
駐車場
ただかね農園駐車場を利用
場所
ただかね農園の裏山
※下吉田関地区周辺
準備
懐中電灯(明かり)。
徒歩約五分なので動きやすい格好が良い

お願い

  • ホタルを捕獲しないで!

    ほたるの郷会員のボランティア活動による頑張りがあって生育している蛍です。後年の発生数にも影響しますので、大切に観賞しましょう。

  • 私有地へは入らないで!

    小川周辺の方には大変な協力をして頂いてます庭を通ったり、畑に入ったりは止めてください。もちろん大声を上げたりもダメです。

  • ゴミは持ち帰ってね!

    自然環境を守る一環として始まった蛍の保護なのですからね。

  • 蛍パトロール隊の指示には従ってください

    秩父弁(秩父言葉)は怒っているように聞こえる事が良く有るようです。ましては年配者の言葉はケンカを売っているような感があるのですが、けっして、そのような事はありませんので、誤解のないようにお願いします。

    ※パトロールは21時までです。それまでにはなるべくお帰りください。

「ほたるの郷」の会員のボランティア活動

  • 蛍発生期間中のパトロール

    事故防止や防犯の為に蛍発生期間中に限り「ほたるの郷」周辺の夜間警備を行っています。

    ※パトロールは21時までです。それまでには、なるべくお帰りください。

  • ほたるの郷周辺のごみ拾い

    いつもキレイな小川を維持する為に頑張っています。

  • 小川周辺の下草刈り

    草や木に手入れをしてあげないと土砂崩れや偏った生態系になってしまうんです。

  • 蛍の餌となるカワニナの管理

    蛍が生きていく為にはぜったいに必要な巻貝の一種です。やはり人為的に増やしてあげないと激減してしまうんです。カワニナの住み良い環境を作っています。

    私の子供の頃はたくさんいたのになぁ~。

  • 蛍の固体数管理

    発生数を確認するのはもちろんで、産卵場所の保護や生育環境保全に取り組んでいます。

最後に・・・

  • ※写真はイメージです

  • 私達は、営利を目的とした団体ではございません。

    ただ、子供たちに蛍を見せたいが為に頑張っているだけなんです。

    上記の「お願い」や「注意」を了解いただけない方にまで来て頂きたいとは思っておりません。

    厳しい言い方になってしまったかもしれませんが、「ほたるの郷の会」のボランティア活動を持続していくには、観覧に来る皆さんの協力も必要だと言う事をご理解いただけると幸いです。

    本当に最後の一言になりますが、ルールやマナーを守って鑑賞をしている方がほとんどです。

    そういった方々からの「きれいだった」の一言が私達の原動力となっている事もお伝えします。

    私どもの活動をご理解頂いているほとんどの観覧者の皆様へ  「また、是非、ホタルを見に来てください」

    ほたるの郷の会  高野 忠財

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る